理瑛旅客鉄道 II

理瑛旅客鉄道 IIへようこそ!

カテゴリ: 木曽森林鉄道

2016年10月9日の続きです。 帰る時間が来てしまいました・・・。 線路の延伸も期待しています。 また3年後を楽しみにして 別れを告げました。 行きはワゴン車のみでしたが、帰りはマイクロバスが先 頭なのを知らず、後方のワゴン車に乗ってから前方にマ イクロバ ...

2016年10月9日の続きです。 王滝森林鉄道No.132はマニュアルクラッチ車なので、巧 みなクラッチ操作が要求されます。 機回し して 運材車に連結、 スムーズに運材車を牽き出すNo.132、 長時間ありがとうございました!! 次回に続く。 いつもご覧いただき、あ ...

2016年10月9日の続きです。 撮影地から車庫前に慌てて戻ると 王滝森林鉄道No.132+No.84双方の機関士が運転して 重連運転をしており、 タンク編成に連結されました。 仮にNo.84がNo.132を救援したにせよ、重連運転です。 会場では、ひまわりマーケット すんきの里が ...

2016年10月9日の続きです。 関西電力のモーターカーは1975年 岩崎レール製で 関電の塗色も社紋も近畿に住む方々には馴染み深いですね。 木曽を離れて黒部峡谷鉄道に移り、里帰りしました。 ドアオープン~ 次回に続く。 いつもご覧いただき、ありがとうございま ...

2016年10月9日の続きです。 1952年 酒井工作所製の王滝森林鉄道No.14は、プリン ス自動車 直列4気筒エンジンG1搭載。 プリンス自動車は日産自動車と合併し、日産プリンスの 名称で親しまれ、亡き父もプリンスに乗っていました。 ドアオープン~ 会場には、愛知用水の ...

↑このページのトップヘ